誰かの為に自分が罪を犯すことはない

周りの人たちと接していると、時々理不尽な要求をしてくる人がいます。
その要求の中には犯罪と思えるような内容のこともあります。

私はそのような時、断固、断るようにしていますが、もし、それでも駄目な場合はしかるべき措置を取らなければなりません。
今のところは一回、断れば、それ以上には発展していませんが、万が一に備えて、その言動や行動が犯罪になるのかどうかを調べておくようにしています。

家族や親しい間柄になってくると、いろいろなことが曖昧になってしまいがちです。
「親しい中にも礼儀あり」で、近い関係だからこそ、良好な状況を保つためにも節度ある言動をしていきたいものです。

もしかしたら自分も知らない間に、そのような言動をしているかもしれません。
最近はいろいろなハラスメントが問題になっています。

それは双方の受け取り方の違いによって起こりやすくなります。
片方がそんなつもりはなくても、受けた方はハラスメントとして捉えているかもしれません。

それを軽く受け流すか、重く受け止めるかは個人差があります。
しかし、それによって何らかの被害を受けるようであれば、やはりしかるべき対策を取ることが必要です。

いろいろ調べてみたら、○○だから許されるということはないと思ったほうが良いようです。
少なくとも、家族のためとはいえ、良くないことだとわかってるのに、犯罪になるようなことはしてはいけないと思います。

このような内容のドラマがあったので、特にそう強く思うようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です