インフルの後にスギが…ヒノキがネバネバが。

インフルエンザによる病欠を、職場だけでなくTVの報道番組やバラエティ番組、プロ野球のキャンプまで見かけていた今年の2月。
他人事だったインフルが突如として我が家を襲いました。
私は2度の検査に反応は出ませんでしたが、家族にA型の反応が最終的にわずかに出てしまいました。
熱が出なくA型らしくないため、他の細菌だったのかもしれませんが、これによって家の女子が全滅しました。
喉がガスバーナーで焼かれているような状態で、1000年前だったら呪詛だと祈祷したかも知れません。

そのうちあまりにも長く咳込んでいたため、あばら骨が2~3か所痛くなってきました。
疲労骨折までとはいかずにヒビらしいです。
くしゃみをするのも痛くてたまらん!という時に、スギ花粉が始まったらしく、風邪なのか花粉なのか全くわからない状態になっていました。
私は昨年から関節リウマチの薬で免疫力を押さえているせいか、または風邪で体が弱っていたためか、未だかつてなかったような花粉症の症状に襲われてしまいました。
今はようやくスギが終わったようで、鼻水が随分少なくなりました。
気管支も変で肋骨もまだしくしく鈍く痛みますが、湿布で随分回復してきました。

しかし先日車を運転しようとしたところ、フロントガラスに細かいチリのような物がついているため拭いたのですが、なかなか取れません。
まるでスプレーのりを吹いたように、花粉らしきものがネバネバついているようなのです。
車を掃除したところ、数時間後に軽い吐き気が起きてきました。
強風が吹き始めた翌日は、終日原因不明の頭痛と倦怠感で体が鉛のようです。
恐るべし花粉、森友や加計問題より花粉問題の早急解決の方が国民は納得します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です